iioto Blog

イヤホンからスピーカーそしてコンサートホールまで音に関する全ての情報

(特別付録)ハイレゾ対応パワーアンプ付 DigiFi No.17 来週(2015年2月23日)発売!

先月から発売を楽しみに待っていたDigiFiの新刊がついに来週発売されます。もちろんハイレゾ対応のパワーアンプの特別付録目当てです。

 

DigiFi(デジファイ)No.17(高音質パワーアンプ付録) (別冊ステレオサウンド)

DigiFi(デジファイ)No.17(高音質パワーアンプ付録) (別冊ステレオサウンド)

 

 

 

・プリメインアンプの完成

3号連続付録の最終号とのことで、No.15ではD/Dコンバーター、No.16ではD/Aコンバーターそして今回のパワーアンプでハイレゾ対応のプリメインアンプが完成します。

 

夢のマルチアンプ(アンプ2台購入)

またこのパワーアンプを二台購入し、さらにStereo誌Mook『マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法 特別付録 チャンネルディバイダー』のチャンネルディバイダーを使用することで一つのスピーカーに一つのアンプ(バイアンプ駆動)を充てるマルチアンプを実現することができます。僕自信もマルチアンプが購入の目的です。

 

f:id:iioto:20150221061456j:plain

二冊購入で1万円近くかかり、高いと思う人もいるかもしれませんが、数年前までは、何百万円もかけてマルチアンプを達成していたのと比べるとたった数万円でそれが実現できるのは正直いい時代になったと思います。

他で言われるオカルトのようなオーディオの音質改善とは違い、マルチアンプは明らかな音質向上が期待できるので本当にオススメします。

 

チャンネルディバイダーに関しても、この機会を逃すと他ではこの値段で購入できるチャンネルディバイダーは僕が知る限りでは無いのでぜひこの機会に購入することをお勧めします。

※残念ながらStereo誌Mook『マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法 特別付録 チャンネルディバイダー』はAmazonでは既に売り切れてしまっているようです。

 

 

・付録パワーアンプの概要がStereoのホームページに載っています。

 

[No.17 特別付録(パワーアンプ)の概要]
●周波数特性:3~45,000Hz±2dB
●出力:12W+12W(6Ω、ダイナミックパワー)
●入力端子:RCA ピン、マイクロUSB(電源供給用)
●出力端子:スピーカーターミナル
●特徴:ステレオ/バイアンプ切替え、SCDS(スーパー・チャージド・ドライブ・システム)電源、電源ランプ(LED オレンジ)、スマホ充電器による給電も可
●寸法/質量:W75×H37×D75mm / 71g
●付属品:ACアダプター、電源供給用USBケーブル、脚×4、ビス×4

[No.17 付録パワーアンプでできること]
○ SCDS の採用で省電力・小出力でも迫力の再生音を実現
○10,000μFの大容量電源コンデンサー搭載
○デジタルパワーアンプICとしてテキサスインスツルメントのTPA3130採用
○ステレオ/バイアンプ切替えジャンパーの採用で通常のステレオパワーアンプとしてだけでなく左右独立+バイアンプ使用も可能
○本格的なUSB接続型ACアダプター&給電用USBケーブル付属

 

  

 

 

 

DigiFi(デジファイ)No.17(高音質パワーアンプ付録) (別冊ステレオサウンド)

DigiFi(デジファイ)No.17(高音質パワーアンプ付録) (別冊ステレオサウンド)

 

 

DigiFi(デジファイ)No.16(ハイレゾ対応 D/A コンバーター付録) (別冊ステレオサウンド)

DigiFi(デジファイ)No.16(ハイレゾ対応 D/A コンバーター付録) (別冊ステレオサウンド)

  • 作者: 和田博巳,中林直樹,小原由夫,DigiFi編集部
  • 出版社/メーカー: ステレオサウンド
  • 発売日: 2014/11/25
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

DigiFi(デジファイ)No.15(ハイレゾ対応 デジタル / デジタル コンバーター付録) (別冊ステレオサウンド)

DigiFi(デジファイ)No.15(ハイレゾ対応 デジタル / デジタル コンバーター付録) (別冊ステレオサウンド)

 

 

広告を非表示にする