iioto Blog

イヤホンからスピーカーそしてコンサートホールまで音に関する全ての情報

【Apple】アップルのスピーカー「HomePod」が発表されました

f:id:iioto:20170606042038p:image

A8チップを搭載したアップルのスピーカーがWWDC2017で発表されました。Siriを含む最新のテクノロジーで音をコントロール。アメリカでは12月に発売され日本での発売は来年とのこと。

【徹底解説】はじめての自作スピーカー 〜バックロードホーンスピーカー〜

f:id:iioto:20170426171354j:plain

 

 

スピーカー自作

知識

バックロードホーンスピーカーとは

バックロードホーンは音のロスを最小限に減らすためにラッパのような構造をエンクロージャーに取り入れた仕組みである。スピーカーユニットは前後に音を発しそのままだと前後の音で打ち消しあってしまうためその後ろの音だけを塞いだものを密閉型と呼ぶが、バックロードホーンでは塞ぐのではなくそれを音として前に押し返し、つまり1+0(密閉型)ではなく1+1(バックロードホーン)に変換した効率スピーカーである。メーカーでは製品として採用し難いため自作向きのスピーカーと言える。

 

 

使用した機材

 

材料

  • スピーカーユニット(FOSTEX FE206EN× 2)
  • 木材 (MDF 900mm×1800mm×20mm 4枚)
  • ユニット取り付け用ネジ
  • スピーカーケーブル
  • スピーカーターミナル
  • 吸音材 (ニードルフェルト)
  • 木工用ボンド

 

 

作業手順

図面

f:id:iioto:20170428231219j:plain

今回はFostex Fe206er-s用図面を使用した。

板取図

f:id:iioto:20170428230227j:plain f:id:iioto:20170428230249j:plain

 

木材加工(直線)

  

木材の加工は個人でやるのには時間もかかるし機材も必要なため、ホームセンター等で部材を切り出してもらう。大体の大きいホームセンターでは1カットいくらという形でできるので利用するのが一番効率的だろうと思う。

手間を省きたい場合はこういうキットもある↓

20cmバックロードホーンエンクロージャー組立キット 2本セット

 

 

 

木材加工(円)

f:id:iioto:20170427161832j:plain

直線の加工はホームセンターで解決するが、ホームセンターでできない加工が穴あけ等の円加工である。スピーカーユニットを入れる重要な部分なので精度も求められるため初心者が最初に当たる壁はここだろうと思う。方法としてはいくつかあるが、最も安価で難易度の低いやり方はドリルドライバー+自由錐である。小さいユニット用の穴であればドリルドライバー+ホールソーでも対応できる。今回のバックロードホーンで試したやり方はトリマーを使用した穴あけでほぼパーフェクトな穴を開けることができる。木材の切れ端に軸となるようにネジを刺し、コンパスのようにして固定したトリマーで穴を開けました。

f:id:iioto:20170427162044j:plain  f:id:iioto:20170509143629j:plain

 

組み立て作業

f:id:iioto:20170509141344j:plain  f:id:iioto:20170509141321j:plain

材料がわかるように番号を振っておく。

 

f:id:iioto:20170509141632j:plain

f:id:iioto:20170509142219j:plain

クランプを使用して木工用ボンドでパーツ単位でしっかり接着していく。

 

f:id:iioto:20170509142546j:plain

f:id:iioto:20170509142921j:plain

完全に閉じる前にスピーカーケーブルを通しておく。今回はスピーカーターミナルを使わずに穴を開けてケーブルを通しただけで納めた。

f:id:iioto:20170509142751j:plain

1日〜数日間しっかりと乾燥させる。

 

完成

f:id:iioto:20170509143035j:plain

ユニットとバッフルを取り付けて完成。バッフルはボンドでは接着せずに六角ボルトで取り付けることで取り外しができるようにしておく。

f:id:iioto:20170509143459j:plain

ホーン部分も綺麗に取り付けられました。アンプはコンポの付属アンプを使用したが非常に豊かで力強い音となった。

 

 

【ONKYO】オンキョーの「GRANBEAT」(高性能スマホ+ハイレゾDAP)が最強である理由

 

 

ONKYO デジタルオーディオプレイヤー GRANBEAT/SIMフリースマートフォン機能付き/ハイレゾ対応/Twin DAC/Android 6.0/4G LTE・3G/デュアル nano SIM/ DP-CMX1(B)

 

 

 

これまで愛用していた音楽プレーヤーはSonyのデジタルオーディオプレーヤー「NW-ZX2」。しばらく音楽プレーヤーは買い換えなくていいと思っていたが、Onkyoがさらに筆者の物欲を刺激するものを発売してしまった。OnkyoSIMフリースマートフォン機能付きデジタルオーディオプレーヤー「GRANBEAT (DP-CMX1)」である。これまで何度もZX2にスマホの機能があればいいなと思っていたが、何とOnkyoがそれを早くも出してしまった。

実際店頭で実機を聴いてみたが、ZX2やOnkyo自身が出しているDPX1Aなどの高級音楽プレーヤーと遜色ない音質で驚いたが、さらにGRANBEATにはSimフリースマホの機能そしてデュアルSimにも対応している。

 

 

オーディオプレーヤーとして機能を調べてみた

GRANBEAT」はオンキョーのハイレゾDAPの「DPX-1A」の高音質化テクノロジーを受け継ぐスマートフォンである。業界最高水準のDACとAMPを2基ずつ搭載した、オーディオ専用基板によりハイレゾDSD/MQA/FLAC)での高音質再生を実現。 そのほかの音源(CD音源、圧縮音源)でも高音質で再生ができる。オーディオ基盤とスマートフォン基盤を完全に分離しているため通信時のノイズを防ぎ、クリアな再生を可能にしている。

またバランス接続ヘッドホンに対応しているためどのヘッドホンでも最高のパフォーマンスを発揮できる。

3000mAhの大容量バッテリーにより約25時間の連続再生が可能。CPUはクアルコムのMSM8956ヘキサコア(6コア)で3GBのメモリ、そして128GBの大容量ストレージを搭載する。(通常スマホは4つのコアを持つクアッドコア、2GBのメモリである。参考にiphone7はクアッドコア、2GBメモリを搭載している。)

  

スマートフォンとして

デュアルSIMにより2つのSIMスロットを搭載し取り外しすることなくスムーズに2つの通信業者を切り替えることができる。この「Dual SIM Dual Standby」機能によりスマホ、携帯の二台持ちをこれ1台で済ますことができさらに専用のオーディオプレーヤーを持ち歩いている人はそれもこれに含むことができる。GRANBEAT」を持ち歩くことで、最大で3台のデバイスをこれ1台に集約することができるということだ。

詳しいことは以下のサイトに掲載されている。

オンキヨーGRANBEATの「DSDS」って何? SIMとデータプランを知っておトクなエンタメライフ (1/4) - Phile-web

 

デザイン

5インチのブラスト加工のアルミニウム削り出し躯体により、堅牢性と高級感があり所有感を満たしてくれる。また、61段階の音量調整ができるロータリー エンコーダー式ボリュームノブはローレット加工が施され、ボリュームノブに連動した最新のGUIによるディスプレイが体感できる。

 

サイズ

  • 高さ 142mm
  • 幅 72mm
  • 暑さ 12mm

カメラ

4K動画撮影可能な1600万画素のメインカメラを搭載し、インカメラは800万画素を搭載する。

 

まとめ

GRANBEAT」はすでにいくつものデバイスを持っている人に適したスマートフォンである。オーディオプレーヤーの買い替えもしくはSIMフリースマホを検討している場合は必見のデバイスであると言えるだろう。

 

オーディオマニアがいつか聴いてみたい世界の最高級スピーカー

 

f:id:iioto:20170417191448p:plain

 

国産スピーカーと海外スピーカーでは音が違うのか

スピーカーでもどんなプロダクトでも生産すればその土地柄が大きく影響するのは当然だろう。スピーカーはその国の技術そしてその国の感性、つまり製作者の感覚がそのスピーカーの音に表れてくる。余談であるが、国産メーカーのスピーカーは非常に几帳面な国民性を反映しているためか、ニュートラルな性質のスピーカーが多くどのメーカーも横並びという感じでクセがない。一方、海外のメーカーはバラエティ豊かでそれぞれメーカーに個性がある。特にそのメーカーのフラグシップスピーカーとなると音だけでなくそのスピーカーの形が非常に個性的でその違い製品の方向性を見てとることができる。今回は海外のそれぞれのメーカーが最高峰を目指して作り上げたスピーカーを取り上げてみた。

 

 アメリカ/JBL『エべレスト』

f:id:iioto:20160312005355j:plain

JBLの最高峰フラグシップスピーカー「Project EVEREST DD67000」。一本360万円の超高級スピーカーはJBLの最高峰ユニット群を備え芸術的スピーカーとして昇華させた本物のスピーカーである。

 

イギリス/Bowers & Wilkins 『ノーチラス』

f:id:iioto:20160312005234j:plain

B & Wの「Nautilus」は音響科学を考慮に入れた設計で研究に5年を費やし完成させたスピーカーである。二本で1000万円。

 

 

スイス/ ゴールドムンド 『FULL EPILOGUE 』

f:id:iioto:20160312005853p:plain

価格なんとペア3000万円の超高級スピーカー。

 

イギリス/ KEF 『MUON』(ミュオン)

f:id:iioto:20170411032832j:plain

100ペア限定で生産されたKEFの最高級スピーカー。インダストリアルデザイナーのロス・ラブグローブを起用し、有機的な形態のスピーカーを作り上げた。こちらは約2000万円(ペア)

http://www.phileweb.com/news/audio/200711/01/7590.html

 

イタリア/ ソナス・ファベール 『The Sonus Faber』

f:id:iioto:20170412030309j:plain

ソナスファベールのブランド名をそのまま冠したThe Sonus Faberは同社の30セットの限定生産のフラグシップスピーカーであったが、ペア2000万を超える価格にも関わらず完売となった。

 

 

ドイツ/ アヴァンギャルド(avantgarde acoustic)  『「TRIO+6BASSHORN」システム 』

f:id:iioto:20170412030636j:plain

 

それぞれの帯域を持つ3つのホーンスピーカーを両端に持ち、中央にさらにアクティブスピーカーのホーンを組み合わせたアヴァンギャルドの最高峰スピーカー。こちらもペアで2000万円。

 

アメリカ/マジコ (Magico) 『Ultimate III Horn-Loaded Loudspeaker』

f:id:iioto:20170412182515p:image

ペアで6000万円という驚愕のスピーカー。何とこのペアを製造するのに一年半かかるそうです。まさにいつか聴いてみたいスピーカーである。

 

 

 

iioto.hatenablog.com