iioto Blog

イヤホンからスピーカーそしてコンサートホールまで音に関する全ての情報

世界最高峰ワイヤレスヘッドホン Parrot zik 2.0

 

記念すべきブログ第一回の投稿として(ちょっと大げさ?)、まず僕の今使っているヘッドホン「Parrot Zik 2.0」を紹介しようと思う。

これは今本当にオススメのヘッドホンです。

「The World's most advanced headphones」(世界最先端のヘッドホン)として2014年11月に「Parrot Zik」のアップデートモデルとして発売された 「Parrot Zik 2.0」 。その魅力は何か?

 

ワイヤレス機能

スマートフォンやタブレット、コンピューターとのBluetoothを使ったワイヤレス接続が可能。

iphoneやipadはもちろんsonyの高音質ハイレゾウォークマンNW-ZX1とも接続できます。僕は主にZX1で使用しています。そのレビューも近いうちに書きたいと思います。

 

ノイズキャンセリング(NC) - ストリートモード

こう思う人もいるのではないだろうか「これだけ機能が多いとNCなんかとって付けたようなものだろう。」と、いやとんでもない。NCで有名なBoseにだって引けをとりません。僕は飛行機に乗ることが多いのでこの機能は不可欠ですが、先週乗った飛行機では今までに味わったことが無い快適さをもたらしてくれました。

フライトモードではコードで接続しますが、機内用の変換ジャックを使えば映画も視聴できます。

またストリートモードではヘッドホンについているマイクを利用して逆に周囲の音を拾いながら音楽を聴くこともできます。

 

音質

なんといってもヘッドホンはここが最も重要。

40mmネオジムドライバー
内蔵式アナログ・デジタル変換器192kH – 24 ビット
32ビットDSP
周波数応答:20Hz-22kHz

ということなのでハイレゾにも対応しています。

またスマホアプリで音を自分の好みに調整することもできます。

 

デザイン

デザイナーはプロダクト、インテリアデザインの巨匠フィリップスタルクです。個人的には最初のParrot Zikよりも2.0の方がいいと思います。

 

試聴の注意点

これは個人的な意見ですが、Bluetooth接続を使ったリスニングでは電池の残量が音質を左右するように感じました。もしどこかでこのヘッドホンを聴く機会があったら電池の残量を確認して試聴することをお勧めします。

 

 

 

 

SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S

SONY ウォークマン ZXシリーズ <メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S