読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iioto Blog

イヤホンからスピーカーそしてコンサートホールまで音に関する全ての情報

【Bose】最新ノイキャンQuietControl30購入レビュー【QC30】

f:id:iioto:20161101143213j:plain

ヨドバシカメラにてBoseの最新ワイヤレスノイズキャンセリングQuietControl 30 を購入。本当はAmazonで購入する予定だったのだが、なんと2日前に予約しようと思ったら、なんと既に発売日発送分は売り切れとあり次回の入荷は2、3週間後となってしまっていたので色々と探し回ったところヨドバシに最後の1個が残っていたので即決購入した。とりあえず人気があることも分かったところで、使用感、音質等をまとめたいと思う。

 

目次

 

f:id:iioto:20161101134025j:plain

 

QC30 + iPhone SE

音質

数日間聴いてみたところ音質に関しては文句は全くない、いやむしろ最高にいい。これまで普段は同じくノイズキャンセリングParrot Zik2.0を使用していたが、それと比べても全く引けを取らないクオリティで、Parrot Zikの方はオーバーヘッドホンで低音も再生に有利なのだが、こちらはインナーヘッドホンという違いにも関わらず低音も気持ちよく聴こえる。最近は持ち歩くのもQC30で安定してしまっている。

 

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングに関しては意見が分かれているようだが、個人的には満足な内容である。ノイズキャンセリングはアプリでコントロールができるようになっていて、環境音の遮断をボリュームを上げ下げするようにコントロールができるようになっている。

 

ワイヤレス
f:id:iioto:20161101143657j:plain

Bluetoothによる接続の場合、ものによってはなかなか接続されないものもあるがこの機種は問題なくスムーズに接続することができた。さらにアプリコントロールにより二台までの接続も可能になっている。

 

装着感

初めてネック式のイヤホンを装着してみたが、これは本当に付け心地よく、まさにワイヤレスのためのネック式のと言えるだろう。

また耳に装着するStayHearと呼ばれるイヤホン部分の特殊な構造は、着けている違和感もなく装着でき、安定して耳に固定することができる。

 

基本的な情報に関しては過去記事にて参照して頂きたい。

 

 

 

 

 

【Bose】最高峰のノイズキャンセリングを搭載したBluetoothイヤホンQuietControl 30の情報をまとめてみた

Bose QuietControl 30 wireless headphones : ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ネックバンド式/Bluetooth対応/コントローラブル・ノイズキャンセレーション機能搭載/リモコン・マイク付き ブラック QuietControl30 WLSS BLK【国内正規品】

QuietControl 30(以下QC30)が発売するということで購入前の情報をまとめてみた

 

 Bose QuietControl 30

QC30はQC20のアップデート機種に位置付けられる

QC20はBoseが年に出したロングセラーモデルのノイズキャンセリングイヤホンであり、着け心地を追求した「StayHear+」を搭載したモデルである。

そのQC20にワイヤレス機能を搭載させたのが今回2016 年10月28日に発売するQC30である。

 

QuietComfortからQuietControl

さらにノイズキャンセリングには12段階の調整機能が備わっており、 その12段階のレベルは「Quiet」と「Mezzo」と「Aware」大きく3段階にわけられている。
デザインが一新されたBose Connect (アプリ)を使用して快適にレベル調整が可能。
 
 

無線接続のQuietControl 30とQuietConfort35

QC 30QC 35  は両機種ともノイズキャンセリングとワイヤレス接続を持つBoseの最新ヘッドホンである。QC 30はインイヤータイプのヘッドホンでQC 35はオーバータイプとなっている。QC30はイヤホンタイプのため持ち運びがしやすく、移動に便利である。またQC35の方には名前で分かる通りノイズキャンセリングの調整機能は無い。

 

人工工学に基づくネックバンド

近年人気の高まっているネックバンド式に改良され、着け心地も向上している。

 

有線接続はできるのか

現在、有線接続に関する情報は不明。
Bluetoothのトランスミッターを使用すれば機内での利用も可能かもしれない。
 

発売日と価格

発売日は2016年10月28日 
価格は34,560円
 
 

まとめ

QC20で既に完成されたノイズキャンセリングの技術に加えワイヤレス機能を持ったQC30はまさに向かうところ敵無しと言える。Boseのシリーズはほとんど値下げもなく発売日に買おうと一年後に買おうと値段はほとんど下がらないだろう。
筆者も既に予約済みで、発売日に購入予定である。音質に関してもしばらくしたら記事にしてまとめようと思う。
 

 

 

 

 

 

 

【徹底解説】ヘッドホンは密閉型と開放型どっちが良い?〜購入前に知っておきたい種類と選び方〜

http://www.flickr.com/photos/46856546@N02/6824756060

「さあ、新しいヘッドホンを買うぞ」と思った時に、一体どのヘッドホンを買えば良いのか迷うことがあるだろう。昨今のヘッドホンブームで市場には数多くのヘッドホンが存在し、お店に行ってもヘッドホンの量がありすぎて選び切れない。そこでヘッドホンの種類を少しでも把握しておくことで、自分に必要なヘッドホンがある程度絞れる。自分にベストなヘッドホンを選ぶために基本的な知識を知っておくことが重要である。まず、ここではヘッドホンの構造を知ることで使用場所屋内なのか、それとも屋外なのかを選ぶことができる

ここではイヤホンではなくオーバーヘッド型ヘッドホンを「ヘッドホン」として扱う。

 

f:id:iioto:20160403013659j:plain

ヘッドホンの基礎知識

 

 

構造:「密閉型」と「開放型」

 

f:id:iioto:20160403012552j:plainf:id:iioto:20160403012459j:plain

 

ヘッドホン構造は「密閉型」と「開放型」の二種類に大きく分かれている。音は基本的に振動によって伝わるため、ドライバーユニットから前面(耳)に向けての音と同時に背面(外)に向かう音の二つの振動が生まれる。その背面に向かう音を閉じるか開くかによってヘッドホンのタイプは変わってくる。またその両方の間をとった「半密閉型」という種類もある。

 

密閉型(クローズド型)はその名前からも分かるように、背面を閉じ音を遮断している。そのため音の漏れがほとんどなく、環境音も遮断できるため屋外や公共の場での使用に向いている。ノイズキャンセリング機能があるのもこのタイプである。

 

開放型は別名「オープンエア型」と呼び、背面をそのまま開放している。そのため音は外に漏れてしまうが、音の抜けが良く高音の伸びが良い。密閉型が背面を閉じて音を遮断している分、音質に影響がでるが、開放型は無理の無い構造であるため音質的に有利である。そういった理由から多くのハイエンドヘッドホンは開放型である。

 

密閉型(クローズド型)

オーディオテクニカ ダイナミック密閉型ヘッドホンaudio-technica ART MONITOR ATH-A2000ZATH-A2000Z

 

 

 

 

 

開放型(オープンエア型)

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン  HD 800 S

HD 800 S

  • 高音の伸びが良く、音がこもらないので聴き疲れしにくい
  • 装着感が良い
  • 音質が良い
  • ハイエンドのモデルが多い

 

 

 

まとめ

一般に密閉型は低音域がよく開放型は高音域がよいと聴くが、実際はそのモデルによって特徴が違うので一概にそうとは言えない。自宅で長時間のリスニングには開放型屋外、公共の場での使用には密閉型と覚えておけば良いだろう。

 

 

【Sennheiser HD598 SE/CS】ヘッドホンがハイレゾ対応か確認する前にゼンハイザーを聴くべき理由

f:id:iioto:20160331224017j:plain

ハイレゾ」は最近の注目ワードであるが、ハイレゾ対応であるからといってハイレゾ対応でないモノより良いわけではない。特に日本のオーディオメーカーSonyなどが使うハイレゾ対応の記述は商売戦略上のものであって、実際アナログであるスピーカーやヘッドホンでは実際記述する必要はない。例えば戦後の日本に住宅を普及させる為につかわれた「〜LDK」という言葉は、住宅や部屋の価値を示すために今でも使われているが実際の価値とは何も関係がない。しかし部屋を売り出すために3LDKや4LDKとあると販売しやすくなる。それと同様にハイレゾ対応」という言葉を使って価値があるように見せているわけである。

しかしドイツの音響機器メーカーであるゼンハイザーではもちろん、海外全てのメーカーの製品にハイレゾ対応などの記述はない。そこで今回はハイレゾ音源を聴くのに優れた高音域の伸びをもつゼンハイザーのヘッドホンを購入してみたのでその魅力をお届けしたい。

 

 

Contents

 

ドイツが誇るゼンハイザーSennheiser)の魅力

プロも認めるヘッドホン

戦後すぐの1945年、技術者であり大学教授のフリッツ・ゼンハイザー博士によってドイツ、ハーノファーに設立。ドイツのみならず世界中の音楽、映画制作現場で用いられ、プロフェッショナルにもそのクオリティが認められている

 

世界初の開放型ヘッドホン

ヘッドホンには開放型と密閉型の二種類に分けられている。「HD414」という1000万台を超えるヒットを記録した世界初の開放型はゼンハイザーによって開発された。開放型は音の抜けつまり高音の伸びがよく、音質が良いため主に自宅で音楽を聴きたい人向けのヘッドホンである。

 

音質は特性では表せない

ハイレゾ対応」などの言葉を使いだした理由には訳がある。それは音質を特性、数値では表せないということである。性質は分かったとしても、それは音質とは無関係である。スピーカーでもヘッドホンでもそうだがその音質を大きく左右するのはまずドライバーユニットであり、そのユニットに使われている振動板の素材である。ヘッドホンやスピーカーを選ぶためにはやはり実際に聴いてみる他は無い。

またハイレゾは周波数帯域〜kHz以上必要という様なことが書いてあるが、これもほとんど意味がない。メーカーごとによって計り方も異なるのでこの数値を比較しても徒労に終わるだけである。例えばソニーのMDR-1Aというヘッドホンが再生周波数100kHzまで高域が出るとあるが、海外メーカーの基準では30kHzほどしかない。また再生周波数帯域は音質を犠牲にして良ければいくらでも上下に広げることができるため、オーディオに詳しい人なら再生周波数帯域でスピーカーやヘッドホンを選ぶことはまずないだろう。

 

HD598 SEレビュー

f:id:iioto:20160331225606j:plain

ゼンハイザーの名機として知られているHD598の特別バージョンである。

室内用に初めて2万円前後の価格帯で購入する場合に適したヘッドホンである。 

Sennheiser ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD598SE  Special Edition HD 598 SE [並行輸入品]

ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD598SE 

  • 装着方式:オーバーヘッド
  • 構造:オープンエア(開放型)
  • 駆動方式:ダイナミック型
  • 再生周波数帯域:12Hz~38500Hz

 

音質

f:id:iioto:20160401012728j:plain

率直な感想はかなりバランスのとれたヘッドホンだと感じた。低音から高音まで無駄な色づけがなく解像度も高いため忠実に原音に沿った音が聴ける。さらにオープンエアであるため密閉型に比べて音に広がりがありより原音に近い音が聴こえる。

 

装着感

ヘッドホンを選ぶ上で音質は欠かせない要素ではあるが、実は装着感がその満足度を決めている。いくつか音質の良いヘッドホンを持っているが、装着感が悪いといくら音質が良くても実際使わなくなってしまう。このHD598SE は軽量でかつ程よいフィット感でまず聴いていて疲れない。装着感は本当に良すぎるため上位機種であるHD650を超えてしまっている。このHD598がなぜこれほどまで人気があるのかはこの装着感が支えていると言っても過言ではない。まさに室内リスニングにうってつけのヘッドホンである。一家に一台置いておきたい一品である。

f:id:iioto:20160331231136j:plain

通常版とSE(Special Edition)の違い

通常版SE の違いはカラーリングのみで音質上の違いは無い。またSEの方には携帯用に便利な1.2mショートケーブルが付属している。標準ケーブルは少し長過ぎでポータブルプレイヤーなどに直接差す場合は3.5mm用の変換アダプターを付けなければならないのでショートケーブルは必ず必要になります。

 

個人的には、それほどブラックにこだわりが無ければ通常版でも良いと思う。「プリン」と呼ばれるこのカラーリングは外で付けるには少し派手かもしれないが、開放型であるため室内で使うことが多いためそれほど色を気にする必要は無いだろう。逆に通常版のカラーリングの方が高級感もあるような気がした。ショートケーブルは1500円で別売で購入することもできる。

    【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598

ゼンハイザー  HD598 通常版

 

 

HD598用アップグレードケーブル 

 

 

オヤイデ HPC-35HD598 1.3m ヘッドホンケーブル

オヤイデ HPC-35HD598 1.3m

 

 

新型HD598の密閉型バージョン

HD598密閉バージョン「ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD598CS」が発売されています。細かい違いはあるものの音の作りや形はHD598をベースとしているため、既にHD598を持っている人も外に持ち出し用に購入を検討してもいいかもしれない。

【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー 密閉型ヘッドホン HD 598 CS 【国内正規品】 HD598CS

 

持ち歩き用アップグレードケーブル

Codio For Sennheiser HD598 HD558 HD518 HD595 ヘッドホン ヘッドセット用 ケーブル 交換用 オーディオ アップグレード ストレートプラグ 銀メッキ ゼンハイザー グレー MS006gr

Codio For Sennheiser ヘッドホン用 ケーブル 交換用 MS006gr

 

 

さらに上位機種を検討する 

自分の予算によって上位機種を検討してみるのも良いだろう。

新モデルHD599

HD598のキャラクターを残したまま改良された新しいモデル。HD598と比べて大きく変わる訳ではないが、低音の音の輪郭がくっきりと聴こえ全体のバランスの良いヘッドホンに仕上がっている。HD598の買い換えとしても検討できるモデルである。

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン  【国内正規品】 HD599

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン  HD599

 

上位機種HD650

HD650になるとHD598の倍ほどの価格であるが音質的には確実にアップグレードしている。 

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD650

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD650

インピーダンス(抵抗値)がHD598より高いためヘッドホンアンプなど出力の高いものが不可欠となってきます。価格が高い分、音質自体はHD598より高くこのヘッドホンを鳴らしきるだけのアンプ(LUXMAN DA-100FOSTEX HP-A8など)を所有している場合はこれをお勧めする。

 

 

最高峰HD800/HD800S

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD800

 

ゼンハイザー 最上位オープン型ヘッドホン HD800

もし予算に余裕があればゼンハイザー最高峰の開放型ヘッドホンHD800だろう。10年以上の歳月を費やし完成したハイエンドモデルで、業界最大となる56ミリものリング状トランスデューサーを採用し、豊かな音場感を表現している。アンプは予算があればゼンハイザー純正アンプのHDVD800がベストだが30万近くするので、10万以内だとDSDも再生できるPioneer U-05、20万以内だとゼンハイザーとの相性が抜群といわれるOPPO HA1がベスト。

 

2016年の2月にその後継機種HD800Sが発売した。HD800をベースに中低音の再現力を高めた。

【国内正規品】ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン  HD 800 S

 

ゼンハイザー オープン型 ヘッドホン HD 800 S

 

 

究極のヘッドホンを検討する

SENNHEISER HE 1

2017年4月20日にゼンハイザーが究極を目指して作り上げたヘッドホンがとうとう発売する。「SENNHEISER HE 1」は世界最高のヘッドホンとして発売されたOrpheusの後継機種であり価格は何と600万円。ゼンハイザーによるとコンセプトは「究極のサウンド再現力とほかに類のない空間的広がり、そして人の可聴範囲をはるかに超える周波数応答特性を備えたモデル」。

f:id:iioto:20170418014610j:plain

Sennheiser HE 1 - 新製品発売のご案内(ゼンハイザージャパン)

 

 

ゼンハイザー(HD800)との相性が良い “究極”のオールインワン・ヘッドホンアンプ、OPPO「HA-1」徹底レビュー(価格ドットコム)

 

 


 

iioto.hatenablog.com

 

 

 

 

 

hidigi.hatenablog.com